Hello! Project 2021 春 「花鳥風月」

石田亜佑美さんと段原瑠々さんが推しなので、当然何も考えずに「風」公演のチケットを取った。私は4月25日の千葉公演まで観られなかったのだけれど、チーム風の評判がめちゃくちゃ良さそうなので楽しみにしていた。

 

冬のハロコンでは「これぞハロコンだな!!」と思ったのはもちろんなんだけど、まだちょっとバラードの流れを汲んだセットリストだった。そして、この春のコンサートはむしろバラード系は外したんだろうなという曲目。ドンデンガエシとか初恋サンライズとか「如何に着席発声無しで盛り上がるかチャレンジ」みたいになってきた。冬の時も思ったけど、本当にオタクもこの一年間で慣らされてきて、サンライズジャンプのタイミングでペンライトを一瞬突き上げてみたり、だんだん音ゲーみたいになってきた。

 

オタク側の話はさておき、公演の感想。私は別の(花鳥月)公演観ていない&1推しと2推しが出ているという偏った視点ではあるけれど、それにしたってチーム風は最強では!?!?!?!?このメンバーでグループにしちゃえば!?!?

チーム風のメンバーは、石田・加賀・山崎愛、佐々木・川村・橋迫、稲場・段原、小野田・秋山、高瀬・前田・平井(私の見た公演ではビヨの3人が舞台のため欠席)。超ざっくりまとめると「ダンスに特化した攻撃力全振りメンバー」と理解した。ダンスメン大好きな私はとても嬉しい。

いわゆるゆる「歌唱メン」とされる(あくまでオタクが勝手に言ってるだけだが)のは瑠々ちゃんひとりで、あとは各グループのダンスNo.1と言っても過言ではないメンバー(だーいし、かえでぃー、りかこ、まなかん、まおぴん、みよちゃん)が集まっている。ハロプロダンス部・ダンス学園のメンバーだ。ある意味凄い偏ってる。こういうシャッフル形式のハロコンも、初期はバランス重視のメンバー構成だったけど、回を重ねることで特色を出してきたのかなと感じた。

加えて、かわむー、まなかん、さおりん、くるみんというロコドル出身パワー系メンバーも集まっているし(だーいしとりかこも元をたどればロコドルだ)かえでぃー、りかこ、まえここという3大イケメン(そういえばかえでぃーは2021ひなフェスで、りかこは2020冬ハロで、それぞれ「眼鏡の男の子」を演じていた)もいる。そこに加え、成長が著しいめいちゃん&りんちゃんという死角なしメンバー。ほんと強すぎない!?という布陣。さっき「攻撃力全振り」と書いたが、確かに守備力が低そうな気はする。守備力の高いハロメンって誰よ?って感じだけど。

歌唱に関しては「ここぞ!」ってところでは瑠々ちゃんが歌い上げてたけども、やはり去年のバラード行脚でみんなの歌唱力の底上げが素晴らしかったのもあって全然不安はなかった。むしろ、普段グループでそれほど歌割のないかえでぃーなんか、その歌唱力を遺憾なく発揮できていたと思う。

かえでぃーるるちゃんだーいしのシルバーの腕時計は、イントロ流れたところで息を飲んでしまった。「ひぃっっっ」って喉から音出た。意図した発声じゃないので許してください。ハロコンでのこの「私の好きなメンバーたちがグループを超えて私の好きな曲をパフォーマンスしている!!!」という状況は至福の瞬間である。ちゃんと調べてないのだけど、もしかしてビヨがいる回はラップは石田&平井だったのかなぁそれってマジで最高だなぁと妄想している。まだあえて確認していない。

 

そういえば、舞台のセットも少しだけ段差が作られて、去年夏から今年冬の「ザ・素舞台!!」って感じではなくなっていた。それだけでもずいぶん見栄えが良くなるんだなぁ。ビジョンはまだない。今回幸い1階の割と前方だったので表情も見えてよかったけど。

そして本当は、このチーム風の中野公演も行く予定だったので、中止はとてもとてもとてもとても残念。

 

 

Hello!Project 2021 Winter ~STEP BY STEP~

FCチケット1次先行の時期に、ちょっともうバラードは食傷気味だな、と思ってしまったり(早計だった)、ユニットの組み合わせが複雑でどこ申し込んでいいのかわからん!となってたりして(メンバーじゃなくて日程と会場で選んじゃうべきだった)、気づいたら申し込みそびれていた。慌てて2次先行で取った公演に入った。1次先行申し込まなかったことを後悔した。

 

まず、バラードコンサートじゃなかった。FC申し込み時点ではこの点が明かされていなかったから、ちょっと日和っていた。反省。もちろんバラードもあるけれども、基本的に「ハロコン」だった。歌い踊るハロメン。これぞハロコン。1曲目の全員曲「YEAH YEAH YEAH」の間奏で、4人のメンバーが中央に出てきてダンスするところを見て「ハロコンだ!!!!!!!!!!!!!!!!」ってなった。

他グループのメンバーとハロプロオールディーズ歌ったり、自分の所属するグループの曲ももちろんパフォーマンスする。そうそうこれこれ!待ってた事務所!!

 

オタクも完全に去年のJ-POPバラードとハロプロバラードコンサートで慣れてしまって、メンバーが歌い踊っていてもおとなしく着席してキンブレを振っていた。ていうか、事務所は徐々に我々をこの状況に適応させてくれたのだな、と思っている。さすがに去年の夏に今回のタイプのハロコンやってたとしたら、うっかり声出したりしちゃった気がする。こんなに長くこんな状況が続くと思って計画を立てていたとしたら、ちょっとすごいな。ジャンプ禁止で大騒ぎになっていたのが本当に懐かしく思える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅酒の飲み頃がまだよくわからない

2020年5月末、イベントも遠征も無くなって暇を持て余していた私は梅酒を漬けた。ス近所のーパーにはお誂え向きに青梅と氷砂糖とホワイトリカーと果実酒用のガラス瓶が売っていたので、土曜の朝に張り切って一揃い購入してきた。どこからどう見ても「初めて梅酒を漬ける人だなあ」と思わせる買い物だった。

 

帰宅して早速梅を洗ってヘタを取ってきれいに拭いて瓶を消毒、氷砂糖と梅を瓶に詰めてホワイトリカーを注いだ。手順としてはこんなもんなので、全然大変じゃなかった。梅干しの方が相当めんどくさい。

ただ漬け終わってから、見た目がちょっと違くない?と思った。レシピサイトとかだと、漬け始めは梅と氷砂糖が地層のようにぎゅうぎゅうに詰まった感じの写真が載っている。漬ける手順にも「梅と氷砂糖を交互に入れる」みたいなことが書かれているのでその通りに作業した。しかし、よく見ると私の買った瓶は材料の量に対して大きすぎたために空きスペースが多く、結果、交互に入れようが何をしようが瓶の中に地層はできず、氷砂糖は全て沈み、一方で梅はぷかぷかと浮いてきてしまったのだ。

改めて瓶に添付された説明書を見たら、ホワイトリカー何リットルならこのサイズの瓶、と、わざわざ一覧表が示されていた。なるほどこれはでかすぎた。でもいまさらもう一回り小さい瓶を買うのもバカバカしいし大体こんなものもう一つあっても場所を取りすぎる。大は小を兼ねるから大丈夫だ。と、自分に言い聞かせて放置することにした。

 

「たまに少し振って混ぜるといい」と書いてあったので、1カ月後ぐらいに振ってみたけど、それ以外は放置。

 

12月頭ごろ、もう氷砂糖はすっかり溶けて、透明だったホワイトリカーが梅酒っぽい褐色に変わってきた。漬けてから半年頃から飲めるいうことで、試飲してみた。飲み方はお湯割り。

味は正直まだお酒がきつい感じ。居酒屋で飲むような美味しい梅酒はそもそも良い焼酎とか日本酒とかで漬けてあるから多分そこから違うんだけど、それにしてももうちょっと様子見だな…と思ってまた放置した。

 

そして1月末に再度挑戦。またお湯割り。前回の試飲から2ヶ月近く経って、確かに味のカドは取れてきた感じがするが、まだ「美味しい」というほどではない。「梅味のアルコールを摂取しているな」という以上でも以下でもない感じ。

 

一体これはいつになったら「飲み頃」なのか、ホワイトリカーの実力は所詮知れているということなのか、それともやはり瓶が大きすぎたのが敗因なのか、ちょっとよくわかんないけどまた1か月ぐらい経ったら飲んでみようと思っている。続く。

モーニング娘。'21 石田亜佑美バースデーイベント

「個別握手にめちゃくちゃ積んでる!!」とか、「グッズは全部セットで買う!トレーディング系は推しコンプ!」みたいな熱いファンではないが、Tシャツや日替わり写真は基本的に石田のものを買うし、仙台はもちろん東北地方の公演はできるだけ遠征する程度のファンを10年近くやっている。

しかし、バースデーイベントに1度も参加したことがなかった。幸いにも首都圏在住なので、平日夜開催でもそう行けないわけではない。が、そもそもチケットが当選しなかったり、仕事が終わらなくて行けなかったり、仕事が終わらないから無理だろうなーと諦めて応募しなかったり(これは多分メンタルが不調な時期)そんなこんなで行けなかったり行かなかったりしたのである。推しだとか言っておいて。

今年は果たして開催されるのだろうかと気を揉んだりもしたが、何とか開催、チケットも確保、仕事も調整済み、ついに参加できた。前日に緊急事態宣言が発令され、開演時間が早まって公演時間も短縮されるなど、演者もスタッフも本当に大変だったと思う。なにしろ開催してくれてほんとにありがたかった。

 

当日、入場後に開演時間まで少し時間があったのでお手洗いへ行って席へ戻ってくると、すでに石田がステージにいる。あれ?と思って見ていると、どうやら公演時間が短縮されてしまったことを踏まえ、開演前の時間なのにわざわざ出てきて「踊ってみた」を録っている様子を私たちに見せてくれているらしい。

なんて気遣いのできるいい子!!!!!最高の推し!!!!!!!!!!!!

 

そして本編。 

【ひとり芝居】

言葉アーキテクトの蒲田

無理を通して道理が引っ込む

孤独ゲーム

 

【ライブ】

この世界の平和を本気で願ってるんだよ!

Loveイノベーション

もっと愛してほしいの

未来の太陽

 

ひとり芝居をやる、ということは事前に告知されていたし去年もやっていたし、楽しみにしていた。3本中、1本目と2本目はショートコントみたいな感じの短めなコメディ、3本目がちょっと重めで長めなシリアスなやつ(当初はもう1本あったらしいんだけど緊急事態に伴う公演時間の調整で削られちゃったらしく無念)。

本人は3本目みたいなのが好きと言ってたけど、私は前半のコメディエンヌな石田をもっと見たい!と思った。そんな好みの問題はさて置いても、演じるキャラクターの幅が広いし、体感しっかりして動きに変な癖がないし、素直にとても良かった。

例えば卒業したあとも、舞台での演技をぜひぜひ続けて欲しいなと改めて感じた。ダンスは言うまでもないし、歌も特に語って聞かせるような歌唱はとても上手いし、コメディー系のミュージカルとか出て欲しいなぁ。

 

ライブコーナーはこっちも元気が出るような選曲で、本人もこんな時に刺さる曲、みたいなことを話していて、長々とお芝居やった後なのにガンガン歌って踊ってくれてマジでエンターテイナー。あんた凄いよ!!!!本当に心から信用できる推し!!!!!!

今後も引き続き、私なりにひっそりと推していきます。

 

新年の思い出

数年前の1月、メンタルが駄目になった。

正月休み最終日の1月4日は、友人と初詣に行って昼間から酒を飲むという楽しい一日だったはずなのに、その日ずっと明日からの仕事のことを考えていた。考えていたといっても、今年の仕事の目標を立てるとかそういう前向きなやつじゃなくて「行きたくない…」「会社の人に会いたくない…」「辞めたい…」という内容が、脳内をぐるぐるぐるぐるしていて、正直友人との会話も上の空であった。本当に申し訳なかったと思っている。

年初の出勤が好きな人なんてそうそういないと思う。私も大嫌いである。年末にもうどうでも良くなって「来年の私頑張れ」と思って残したメモの意味がなんだかよくわからないとか、社屋がすっごい冷えてて寒いとか、営業日が短いからむやみに忙しいとか、嫌な点を挙げればキリがないが、なかでも、朝早く出社して一番最初に役員に新年の挨拶したもんが勝ちみたいな謎のレースとかほんとわけわかんない。マジでなに?あれ?

 

年始最初の週を何とかやり過ごした(と思う。実はほとんど記憶がない)その週末、「冬のハロープロジェクトのコンサートに行く気になれない」という、思い返しても意味不明な事態に直面した。ただのハロコンではない。なんと言っても推しである石田亜佑美さんの誕生日当日である。ファンクラブでチケットが当選して、超絶楽しみにしていたはずの公演である。そんな日に、朝ご飯を食べる気にもなれないし、なんだか良くわからないけど涙が止まらないし、出かけたくない。どうしていいかわからない。

自分で自分を持て余していた状態だったが、行かないと後悔する!と、何とか奮い立たせて参加した。コンサート自体は楽しかったし、推しの誕生日を祝うことができて本当に良かったと思った。ご飯も少し食べられた。

 

翌週から、さらに調子はおかしかった。朝会社に行こうとすると涙が出てきたり、会社に着いても吐き気がして始業までトイレに籠っていたり、眩暈や異常なまでの体の重さに悩まされた。「体が鉛のように重い」って、こういうことかー、と思ったりした。会社に行くのが本当に嫌になってしまって、辞めるしかないと思い詰めて退職届を作成したものの、それを提出する気力もない状態だった。

そんな中、胃腸炎だったか風邪だったか忘れてしまったけど体調を崩してかかりつけの内科に行ったとき、ついでに「眩暈がつらいし体が異常に重い」という話をした。ちょっと検査をしてもらって「貧血」という診断をもらった。そのうえで「もしかしたらメンタルの調子が悪いのかもしれないから、心療内科とかに行った方がいいかも」という内容の言葉を先生からもらった。ある程度心当たりはあったので、やっぱそうかな、と納得したし、なんとなくホッとした部分もあった。

その後、色々あって心療内科を受診して、あっさりと「うつ病」の診断を受け、色々あって結局のところ6ヶ月間休職することとなった。

 

そんな1月上旬の思い出。推しの誕生日にコンサート行きたくないなんて、まともな精神状態であるわけがないという知見を得たのであった。

ふなっきと佳林ちゃんの卒コンが開催されて本当に良かった

ダメ元で申し込んだところ両公演当選したので行ってきた。どちらもとても素晴らしい卒コンだった。

 

バラードコンサートと同様のセンターステージ(プラスちょっと出島がある)で、スクリーンは四面あるけど、それ以外のステージ装飾は無し。ダンスのフォーメーションもディスタンスを取っているし色々と制約も多かっただろうけれど、こちらとしては普段よりじっくりと楽しむことができたと思う。もちろん声出せないし立てないからよりステージ上の演者に集中しているっていうのもあるけど。

 

客入れ時、アンジュルムの方は完全無音。Juice=Juiceは自分たちの曲のインストが流れる。どっちもよかったけど、無音の方がインパクトはあったし、オタクが喋りづらい雰囲気になっていたのも良かったかなと思っている。

 

双方で行われた、卒メンが各メンバーとデュエットするメドレー(福田花音さん考案)は、今のご時世にもやりやすいだろうし、選曲も含めてキャラクターや関係性が出ていてとてもよかった。ふなっきや佳林ちゃんレベルの歌唱力・表現力・対応力(あと喉の強さとか体力とか)があるから相手を選ばず形になっているのだろうし、誰でもできるわけじゃないだろうけど、また誰かの卒コンの時に見られたらいいな。

なかでも、アンジュルムの方は、めちゃくちゃ楽しそうなタケちゃんとの「チョトマテクダサイ」、かみことのめちゃくちゃかわいい「自転車チリリン」は特に笑顔になってしまった。そして同期のかわむーとのデビューシングル「Uraha=Lover」は一転して泣いてしまう。

Juiceの方はやはりオリメン3人との歌唱が最高だったし、メドレーのラストにNEXT YOUを持ってくるのがほんとになんというか、エモい。武道館だし。さすがに3人になってしまったら、NEXT YOUが歌われることないのだろうか。(とはいえゆかにゃも佳林ちゃんもアップフロントから離れてないから何らかの機会はありそうだけど)

 

メドレーは同じ形式だったけど、いわゆる卒業セレモニーはそれぞれに違いを出していて、ハロプロ伝統の「お手紙」を読むふなっきと、「続いていくStory」の1コーラス目歌った後に曲(のインスト)に合わせて挨拶をする佳林ちゃん。そのあとのメンバーからの送辞的なコメントも、アンジュルムはいつも通りひとりひとり話すのに対して、Juiceはリーダーの朋子が代表してスピーチをする、と、それぞれのスタイルがあってよかった。

自分でも言っていたけど、卒業する側であんなに泣いてる人見たことないレベルで泣いていたふなっきと、終始ヘラヘラしていた佳林ちゃんが象徴するように、全体的にウェット目なアンジュルムと、割と明るくカラッとしていたJuice=Juiceというのも対照的で面白かった。

 

とにかく、2人の卒コンが無事に開催されて本っっっ当に良かったし、グループ単独のコンサートを1年ぶりぐらいに見ることができて嬉しかった。それに尽きる。

空前のひらめきバトル!!取り戻せ!キラメイストーン!

キラメイジャーは自分でもここまでハマると思わなかったのだが、毎回練られた脚本と魅力的なキャラクター、ちょっとした小ネタなども手が込んでいて(でも知らなくても全然面白い)、すっかりファンになってしまった。

シアターGロッソ、10年ぐらい前に某舞台を観に行ったことはあったけれど、ヒーローショーは初めて。劇場の構造は知っていたから、すごくアクション向きのステージだよな、という前知識はあった。

 

そういう劇場だという前知識はあったのだが、ショーの序盤、いきなり結構な高さからの飛び降りアクションがあって、ひゃーーーーーっっとなった。これ私子供だったら完全に掴まれる。いや、大人だけど掴まれた。

加えて、スーツアクターさんだけじゃなくて中の人も出てくる「素顔の戦士」ショーだったため、毎週TVで見ているあの俳優さんたちが!いる!しってるひと!!!!もちろん素顔の戦士だとわかって取ったわけですが、すごいなこれ。

変身シーンとか一体どういう手品なのか全然わかんない。マジで舞台上で一瞬で変身するからびっくりする。多分もうこれはヒーローショーの伝統の中では当然すぎる技術なんだろうけど、初めて見たので本当に驚いた。俳優さんたちが「変身!」って言って、ちょっと一瞬暗くなって明るくなると既にヒーローに変身しているのだ。あれ見れただけでもチケット代元取れた。

 

ストーリーも、普段のTVシリーズとの破綻もなく、というか、TVシリーズで忘れてたような設定をまた生かしてきたり、もちろん舞台ならではの表現で観客の想像力を刺激する部分もあって、長すぎず短すぎず、よくまとまっていた。面白い。周りの子供たちも飽きずに集中していた。夏ごろからTVでは削られがちな変身後の名乗り(「ひらめきシャイニング!」とか)も見ることができて嬉しかった。

 

観客に声を出させることができないので、本来は子供たちに「がんばれー!」とか叫ばせるところを、ペンライトと拍手で応援させようとする工夫も良かった。ペンライトの色は自動制御で、ここぞ!というときにはあるべき色に光ってくれる。これは楽しい。私は家に山ほどキンブレあるしな…などと思い買わなかったので、もし次回があったら是非購入したい。

 

とにかく本当に楽しかった。いい経験をした。周りのお子さんも本気で見ていて良かった。これを5歳とかで見ちゃったらちょっと最高だな。